濱田祐太郎が盲目なのはなぜ?芸人を目指した理由・きっかけも調査!

 

3月6日にはいよいよ「R-1グランプリ2018」が
放送されますね!

毎度楽しみにしているのですが、
今年は一体どんなお笑い合戦が繰り広げ
られるんでしょうか、

すごく楽しみです!

 

そういえば、つい先日の2月中旬頃には、
R-1のファイナリストが決定しました。

今年の顔ぶれはどうなのかなぁと
みてみると、

なにやら一層注目を集めるであろう芸人さんが
いらっしゃいました。

「濱田祐太郎」

全盲の芸人さんです!

これまでにない新しいテイストの
芸人さん、すごく気になったので、

今回はこの方についていろいろと
調べてみることにしました!

 

最後までお読みいただけると幸いです。

 

スポンサーリンク

濱田祐太郎のプロフィール


名前:濱田祐太郎(はまだゆうたろう

生年月日:1989年9月8日

年齢:28歳

身長:171cm

血液型:0型

趣味:アコースティックギター、フォークギター

特技:あんま・マッサージ指圧、針

所属:よしもと

 

濱田祐太郎さん現在お笑い事務所よしもとに
所属する芸人さんです!

上のツイート文の決勝への
意気込みコメントに、

 

「『R-1ぐらんぷり』が大好きで毎年聴いていました。

 

とあるように、

濱田祐太郎さんは全盲の芸人さんです!

そのお笑いスタイルはしゃべくりのみで
観客を笑わせるという純粋な漫談スタイル。

ビジュアルで笑いを全く取りに行こうとしない分、
言葉のみのそのネタはかなり洗練されたものと
なっているという印象です!

(あ、僕は全然お笑いの専門とかじゃまったくないんですけどね^^;)

 

2012年からR-1に出場しはじめて、
今回ようやく悲願のファイナリスト入りを
果たした濱田祐太郎さん。

初の大舞台ではいったいどんなネタを
披露してくれるんでしょうね!

非常に楽しみです!

 

スポンサーリンク

濱田祐太郎が盲目なのはなぜ?

てんじ

出典:http://www.yomiuri.co.jp/photograph/zoomup/20170529-OYT8T50077.html

 

ここで気になるのが、
そもそもなぜ濱田祐太郎は盲目なの?

というところですよね。

これについて調べて見ると、

濱田祐太郎は生まれつき”緑内障”という
病気を患っていたからだそうです。

緑内障というと、
年をとる毎にだんだんなりやすくなる病気という
イメージが強いかと思われますが、

先天性のものあるようです。

濱田祐太郎さんの場合は”全盲”という
ことですが、

左右の眼についてはその程度に
違いがあり、

左目は全く見えない
右目は明暗のみ識別可能

なんだそうです。

こうなってくると、
ネタとかつくるときどうしているのかなぁなんて
思いますよね?

漫談を武器にしている濱田祐太郎さんですので、
やっぱりそれらのネタをノートか何かに留めていたり
しているのでしょうか。

・・・。

これについてですが、
濱田祐太郎さん、点字ノートを利用して、
それらのネタを”打ち起こしている”そうです!

ネタのアイデアが浮かんだ時には、
携帯のメール機能でメモをする。

そして後でそれを読み起こす機能
を使って、聞いて点字を打ちまくっている
そうですよ!

なるほどな〜

 

スポンサーリンク

濱田祐太郎が芸人を目指した理由・きっかけは何?

人生

 

濱田祐太郎さんが芸人を目指されるように
なったきっかけはなんなのでしょうか?

邪推となってしまいますが、
特技にあんま・マッサージ指圧があるのは、

一度はその道も将来の候補に入っていたから
ではないでしょうか?

しかし、現在、
濱田祐太郎さんはお笑い芸人の道を
歩まれています。

それはいったいなぜ?

 

濱田祐太郎さんがお笑いに出会ったのは
小学校6年生の時。

テレビで初めて”聴いた”芸人・ビッキーズ
漫才に大笑いし、

『世の中にこんなおもろいもんがあるんや』

と、心底感動したようです。
(つまりはこれが”きっかけ”ですね)

 

そしてこの感動体験は濱田祐太郎さんの内に
いつまでも残っていたようで、

当時通っていた視覚特別支援学校を卒業後、
アルバイトでためたお金を使って、

よしもとのお笑い養成所NSCに入学することを
決意します。

しかし、やはり、

濱田祐太郎さん自身も全盲の芸人が観客を
笑わせるということへの”違和感”には
多少なりとも自覚的なようで、

漫談を行っていても、
どこか遠慮がちな空気を観客から
感じることもあるようです。

濱田祐太郎さんの夢は、
こうした”壁”を乗り越えること。

「大きな舞台で、
視覚障害者であることを意識せず、
大笑いしてもらうこと。」

これを成し遂げんがためにも
お笑いの道を今、全力で突き進んでいる
とのことです。

 

・・・。

なんだかすごく挑戦的なストーリーが
そこにはありましたね!

こうしたバックボーンを知った上で
R-1の決勝を観戦できるのはある意味で
ラッキーだったかもしれません。

そっちがその気ならやはりこっちも
その気にならないとだめですよね!

R-1では濱田祐太郎さんのネタに関しては、
視覚障害者うんぬんなしで全力で
聴き入っちゃいますよ〜!

 

おわりに

 

これまでずっと
タブー視されてきたであろう、

『障害者 × お笑い』

の組み合わせ。

お笑い番組で障害者が大体的に
紹介されたことなんて今までありましたっけ?

そういう所も考えてこの状況をみてみると、

今回の濱田祐太郎さんのR-1ファイナリスト進出
というのはある意味で、
とても革新的なことなのかもしれません。

R-1での濱田祐太郎さんがどのような
結果を残すかも非常に気になるところですが、

R-1放送後の視聴者達の意識変化という
ところも個人的にはかなり気になってしまっています!

 

なんだかさりげない感じで
今回のR-1は放送されますが、

これって実はすっごいことなのかも?

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です