玄松月(ヒョンソンウォル)のwikiプロフ!モランボンの楽曲も調査!

 

今回は北朝鮮のモランボン楽団団長の、
玄松月(ヒョンソンウォル)について。

1月15日に行われた北朝鮮と韓国に
よる、南北協議会。

ここでは平昌オリンピックへの
北朝鮮代表団派遣についての
協議が進められたのですが、

その中に過去、公の場で刑に処された
と噂されていた玄松月の姿がありました。

テレビをつけてみると、
やけにメディアに取りた出されている
ことの多い玄松月。

ここで、今一度この人がどんな
人物であるのかを見ていきたいと
思います。

 

スポンサーリンク

玄松月(ヒョンソンウォル)のwikiプロフ


名前:玄松月(ヒョンソンウォル)

生年月日:1972年??月??日

年齢:40代

出身:北朝鮮

肩書:

  • モランボン楽団団長
  • 朝鮮人民軍大佐
  • 中央委員候補

 

参考:

http://www.kininarublog.net/kitachousen-hyonsonuloru-danchou-nenrei-wiki-766

http://www.sanspo.com/sports/news/20180116/oly18011605010003-n1.html

 

玄松月は現在、金正恩委員長の
お気に入り楽団、「モランボン楽団」の
団長として活躍されている他、

ポチョンポ電子楽団やウナス管弦楽団
にも所属していた有名歌手。

また、
女性ではあまり類を見ない朝鮮人民軍大佐
肩書を持っています。

さらに、昨年10月に開かれた
朝鮮労働党中央委員会総会で
中央委員候補にも選出されている模様。

金正恩委員長のおメガネに
かなっているのか、

周りがうらやむほどの
スピード出世をされています。

ただ、そんな玄松月には過去、
金正恩委員長によって、公の場で
刑に処されたとの噂があります。

 

スポンサーリンク

玄松月の過去に何があった?どんな噂なの?

 

 

日本と韓国の両方のメディアが
2013年8月に玄松月が公の場で
刑に処され、命を落とされたとの報道が
されました。

その命令を下したのは金正恩委員長。

以前は金正恩委員長の元カノとして、
一躍有名になっていただけに

この件は北朝鮮の冷徹な一面を
ひどく象徴する出来事と
なっていました。

しかし、翌年2014年の5月。

玄松月はモランボン楽団の団長として、
北朝鮮の第9回全国芸術大会で
スピーチを発表。

当時の情報がガセであることが
明らかにしました。

しかし、

北朝鮮で実際に形が行われていた
というのは事実であったとのこと。

この時命を落としたのは、
北朝鮮の有名術団のメンバー数人。

わいせつ動画の作成や、
金正恩委員長の妻にあたる
李雪主夫人に対し中傷行為を行ったことが、
理由とされています。

・・・。

これはおそらく、
数ある芸術団の中でもとりわけ
有名であった玄松月が所属する
「モランボン楽団」とその他諸々の楽団が
ごっちゃになってしまって、

有名芸術団のメンバーが実刑に=玄松月が実刑に処される

と日韓の報道陣に理解されてしまった
からなのではと思いました。

当時のニュースを探してみましたが、
該当記事が見当たらず、
ここでの行き違いの部分がどうなっていたかに
ついては、まだまだ不明な部分が
残ります。

一部では、
玄松月も実際に動画の制作や夫人への中傷に
参加していたとのことですが、

金正恩委員長の元カノということで、
なんらかの慈悲を受けたのではとも
ささやかれています。

 

スポンサーリンク

モランボン楽団の楽曲を調査

 

玄松月が団長を務める
モランボン楽団ですが、その音楽には
どういった楽曲があるのでしょうか。

その一部の動画を見つけることが
できましたので、

ここでご紹介します。

 

我が国が一番良い

こちらはオフボーカルの
楽器演奏曲となっています。

技術的なものを見れば、
かなりレベルの高いものがある
のではないでしょうか。

「今何かと騒動を起こしている北朝鮮」
というイメージがなければ、
そしてこの「曲名」を知っていなければ、

特に変な連想を抱かせることなく、
聞いていられる楽曲のように思えます。

 

正月の雪よ降れ

こちらは先程の曲とは違って、
声楽がメイン。

団員メンバーによる合唱と
なっています。

こちらも何を言っているのか
わかりませんが、

相当な訓練を積まれた技術が
盛り込まれているなという印象。

政治云々を抜きにした音楽として
こうしたものを見てみれば、
その質はやはり高いものがあると
いえそうです。

 

今回玄松月が南北協議にて
北朝鮮代表団派遣について協議が
進められていたのですが、

結果的に、北の代表として
今回派遣されるのは、
マンデス芸術団に所属する、

サムジョン管弦楽団

がこれに決まりました。

玄松月がモランボン楽団の
団長ということで、

てっきりモランボン楽団の方に
話が持って行かれると思ったのですが、
違ったようです。

しかし考えてみればこれは当然で、

モランボン楽団といえば、
金正恩委員長が気にいるほどの
愛国的な芸術楽団。

披露される曲や歌には、
政治色の強いものが伺えるとのこと。

上の楽曲もそうらしいのですが、

モランボン楽団がこれまで上演
してきた曲の中心は金正恩委員長や
北朝鮮を大きく称えるプロパガンダが
かなり含まれているのだそうです。

衣装にも注目してみると、
これはどうやら軍服をモチーフに
しているようですし。

 

平昌オリンピックという舞台で、
さすがにそういった要素を持つ
モランボン楽団は表に出せないという
判断も協議の中にはあったことかと
思われます。

 

おわりに

 

平昌オリンピックを舞台に
繰り広げられる北朝鮮の話題に
新たに玄松月の名前が加わりました。

女ボス的その雰囲気はかなり
キャッチーでマスコミこぞって、
玄松月を取り上げています。

ただ、ひとこと、言いたい。

テレビとかでは字幕に
玄松月(ヒョンソンウォル)とか
振っといてほしい…

読めないんじゃ!!

 

【関連】

こちらは金正恩の実の妹であり、
2月9日に訪韓することがきまっている、
金与正についての記事になります。

金与正(キムヨジョン)の結婚した旦那(夫)やプロフィールを調査した!

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です