荒木ゆい(AIアナ)の泣きぼくろの意味とは?プロフィールも調査!

 

ついに人間以外のアナウンサーが登場しましたね〜。

AI技術を用いた情報発信を主軸に進歩を続ける企業「Spectee」社は、AIアナウンサー「荒木 ゆい」のベータ版をリリースすることを決定しました。

 

荒木ゆいさんは人間じゃないんですよ。

人間じゃないけども、
これまでの人間のアナウンサーと同じく自然な発音やアクセントやイントネーションで原稿を読み上げることができるそうです。

 

えらい時代になったもんだ。

 

お顔も拝見させていただきましたが、
よくよく見てみると左目の下にほくろ(泣きぼくろ)がありました。

なかなか攻めてますよね〜。

 

 

今回は、
そんな荒木ゆいさんについてのプロフィール(で、いいんだよね?)や、荒木ゆいさんの左目下にある泣きぼくろの意味について調べてみました!

 

スポンサーリンク

荒木ゆい(AIアナウンサー)のプロフィール

 

名前:荒木ゆい(あらきゆい)

年齢:27歳 = 1990年生まれ

出身地:栃木県

学歴:東京の私立大学を卒業

前職:東京キー局のアナウンサー

現職:フリーアナウンサー

所属:スペクティAIアナウンサー事務所

 

参考:http://press.spectee.jp/blog/spectee-ai-announcer-araki-yui-released/

 

えぇ〜。(困惑)

どうやら荒木ゆいさん、
扱いはほとんど人間ということになっているようですね。

僕自身、荒木ゆいさんのプロフィールを知ってしまった今、

 

「AIにそこまでする必要ある?」

 

と思うことになぜか若干の罪悪感を感じてしまいます。(僕だけ?)

 

 

荒木ゆいさんの説明に戻りますと、

 

この荒木ゆいさん、

言ってみれば、
アナウンサー業界初の、ヴァーチャル・アナウンサーです。

 

「荒木ゆい」とはいっても、
中身はやっぱりテクノロジーでした。

 

荒木ゆいさんの核となる部分、人間でいう脳にあたる部分にはSpectee社が開発した人工知能エンジン「Spectee AI」が組み込まれています。

 

そしてこのエンジンが機械学習をすることで、荒木ゆいさんは様々なシーンにおける発声パターンを身につけ、特定のシーンにあった自然な発声で原稿を読み上げることができるそうです。

 

例えば、

東京の日本橋の読み方は「ニホンバシ」で、
大阪の日本橋の読み方は「ニッポンバシ」なのですが、

荒木ゆいさんはこれらを原稿の文脈から自動推測して判断、読み分けることができるとのこと。

 

さらに、
荒木ゆいさんには相手の質問内容を理解してそれに応答する機能も搭載されているとのこと。

将来的にはニュースの当事者にインタビューをしたり、バラエティ番組のナレーション、結婚式やその他の式典での司会業なんてこともできるように現在開発進行中だそうです。

 

 

ひぇ〜。こりゃたまげましたね。

 

映画の世界が迫ってくるような気がしてなりません。

 

僕はウィル・スミスさん主演の映画「アイ, ロボット」が大好きなのですが、

少なくとも僕が生きている間に、
この映画の世界観が現実のものとなるのではないかと若干の恐怖と期待感を持ってそう感じております 笑

 

スポンサーリンク

荒木ゆいの泣きぼくろの意味とは?

 

荒木ゆいさんの顔を拝見させていただくと、
左目の下に小さなほくろがあることがわかります。

このほくろのおかげか、
なんだかぐっと情が湧いてきたような気がします。

 

ちまたではこの類のほくろのことを「泣きぼくろ」というそうです。

 

事実、
これがあるのとないのとでは、その人の印象がガラッと変わるんだとか。

 

試しに荒木ゆいさんのほくろが見えないよう指で隠してみたりもしましたが、

 

ほくろ無しverだと、
荒木ゆいさん」って感じで、

ほくろ有りverだと、
荒木ゆいさん!!」って感じでした 笑

 

調べてみるとこの左目下の泣きぼくろ、
やはりそれなりの意味があるようですよ。

 

左目下の泣きぼくろの意味

左目下の泣きぼくろの意味を調べてまとめてみました!

 

  • 自分の魅力を知っている
  • 理想的な愛情の注ぎ方ができる
  • 母性が強い
  • 恋愛体質気味
  • 情にもろい
  • 人との関わり合いが好き
  • 頼られたがり

 

まとめてみてわかってきましたが、

左目下に泣きぼくろがあると、
総じて愛情深い女性」の印象が強く表れるようです。

つまり、
左目下の泣きぼくろには、「人との関わり合いを大切にする女性」という意味があるようです。

 

なるほど。
どうりで「荒木ゆいさん!!」になったわけだ。笑

 

 

AIアナウンサーなんていうとどこか無機質な印象がありますが、こうしたビジュアル面の工夫によりかなりの人間味が足されるようです。

 

これらを調べながら、

人間とロボットの垣根を超える第一歩として、
こうした視覚的な問題の解決への取り組みは非常に重要である

なんて考えてしまいました。

 

荒木ゆいさんのケースも、
これから知名度が高くなるにつれ賛否のほどは大きく分かれてくるかと思われます。

そういった時に、
こういった視覚面の工夫がいかに進むかによって、荒木ゆいさんのケースに加え、今後のAI技術の進歩にも大きな変化がもたらされるのではないかと感じられます。

 

ちなみに、
髪の分け目で「右分け」は情緒的な印象を強調し、「左分け」は知的な印象を強調するようですよ。

 

荒木ゆいさんは「左分け」。

そこはやっぱりアナウンサー!って感じですね 笑

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です